年式が新しく走行距離が短いほど価格は高い

言うまでもないことですが、中古車というのは年式が新しく走行距離は短ければ短いほど価格は高くなります。同じような状態の車があったときに、年式が新しいものと古いもの、走行距離が多いものと少ないものを比較すれば誰もが前者のほうがいい車と判断をしますから、特におかしいと感じるところはないでしょう。年式は10年を超えてくると価値が大きく下がり、走行距離も同様に10万キロを超えてくると中古市場では人気がなくなります。もちろん、年式と走行距離だけですべてが決まるわけではありませんから、年式が新しく走行距離が短くても車の状態が悪くて安いものもあれば、その逆もありますが、基本的には年式は若く、走行距離は短いほうが良いと考えておきましょう。

年式や走行距離で嫌われる車は狙い目

年式や走行距離というのは、車の状態を大まかに判断する材料として便利な目安となりますが、それだけで完璧に車の状態を把握することができるわけではありません。あくまでも同程度の車があったときに、年式が新しく走行距離が短いほうが良いという話であり、中古車を選ぶ上で一番大事なポイントは整備状況です。多少年式が古くても走行距離が多くても、整備がしっかりしていればいい状態を保っていることができます。そこで、手入れが行き届いているにも関わらず年式が古いから、走行距離が多いからという理由だけで安く売られている車は狙い目になるということを覚えておきましょう。このような車を見つけることができれば、安くいい車が手に入るので、普段と逆の視点を持つことも大事です。